トイレの水栓の悩みならクラシアンへ

水まわりのトラブルで最も多い場所はトイレです。水が流れなかったり、水が止まらない、といったトラブルもありますが、急を要するものとしては、やはり水漏れでしょう。水漏れ箇所としては、給水管からのもの、温水洗浄便座からのもの、そして便器とタンクの接続部分、便器と床の間などがあります。水漏れを発見したら、すぐにクラシアンに連絡しましょう。

ただ、クラシアンに連絡する前に応急措置を施しておくと、後々の作業がスムーズに運びます。水漏れを発見した際、まずやることは止水栓を閉めることです。止水栓は壁からタンクへ繋がる給水管に付いています。この止水栓は、マイナスドライバーなどで右へ回すと閉まります。ただし、この止水栓自体からの水漏れの場合もありますから、そういった場合に備え、家屋全体の水道の元栓も閉めておきましょう。その上で、クラシアンに連絡をするのです。

また、古い家では和式トイレを設置しているところもあります。和式トイレのトラブルも、洋式と同様ですので、処置としてはまずは止水栓を止めることとなります。ただ、古くなってきたトイレは水漏れや詰まりが頻繁に起こる可能性もあります。クラシアンは修理だけでなく、和式から洋式へのリフォームもしてくれますし、無料の点検も行っています。もちろん、メンテナンスも安心ですので、リフォームを考えている方は一度クラシアンに相談してみるといいでしょう。